« 絵心 | トップページ | Coexistence »

2013/02/07

白ワイン

11imgp7867
 

つっちーから 長野出張のおみやげに 信濃ワインをいただいた

ナイアガラという緑の葡萄で作られている 白ワイン

とても甘くて フルーティ

私はこれまで 甘くないお酒が好きだった

ビールとかバーボンとか・・・

けれど最近は 嗜好が変わってきて 果実系のお酒を好んで飲むようになっている



お酒をいただくのは 初めてかもしれない

結婚してから私は 「お酒が飲めない人」 として通っている

人に飲まされるのが嫌なので 飲めない事にしている

私が飲めることを知っているのは 家族と 写真仲間くらいである

家族も 私以外は飲める人がいないので お酒をいただくことはおろか

我が家で誰かが飲んでいるというシチュエーションはあり得ない

友達がやってきて飲むということも 絶対的にない

私が飲むのは 気心の知れた友達と一緒にいる時だけ


和名のついた白ワイン

ひとりで飲むには丁度いいくらいの 小さめのボトル

小さなグラスに 少しずつワインを注ぎ 夜の食事とともに楽しんでいる

飲んでいるのは私ひとりだが でもふと 隣に

いつもなら一緒に飲んでいる つっちーが居るような気がしてくる

美味しい時間と楽しい時間を 白ワインが運んできた

|

« 絵心 | トップページ | Coexistence »

コメント

白ワインの雰囲気出てますね。
私はいつも一人で晩酌です。妻も母も見ているだけ。

コメントがいつもアツアツですね。たまには離れてみたら・・・・・
これ下種のやっかみです。

投稿: イッペイ | 2013/02/09 09:57

>イッペイさん
イッペイさんもお酒好きなんですか(^◇^)
男の人は おうちでひとりで晩酌って言っても違和感がなくていいですね
でも そばに見ててくれる人がいるから淋しくないじゃないですか
私が家で飲むと言っても 夕飯の時間に100ccに満たないほどです
子供の世話や翌朝の家事のことを考えたら 舐めるくらいにしか飲めないのです
ですから ほんとに楽しみたいと思ったら 月に1度くらいの外での飲み会に行く時間を
何とか作らなくてはなりません
家で満たされない分 そういった友達とのお酒は本当に楽しいものになります
後のことを考えないで飲むって その時くらいしかないもので・・・
アツアツって(^^ゞ  つっちーは写真を一緒にやってきた中のひとりで
写真の楽しみ方や 撮ることに対する思いや それ以外の事でも考え方が非常に似ていて
それがあまりにも心地いいので 二人で一緒に写真活動をすることになった人です
お互いの違う部分を認め合う事ができて 影響し合えて 自分をいい方向に持って行くことができる
滅多にめぐり合う事のない友達だと思います
私は 友達に 男とか女とか関係ないと思っているので 本当に素晴らしい人だと思えたら
それが男性でも親友という関係になれる人です
御自分のことを下種だなんて仰らないでください^^
イッペイさんはいつもあたたかい目で私のブログを読んでくださっていますよ

投稿: Toイッペイさん by奈月 | 2013/02/12 11:58

僕は建前抜きでお酒飲めない人だから飲める人ってうらやましいと思う
楽しそうだな とか
嫌なこと忘れられるんだろうな とか

一緒に写真を撮れる仲間が近くにいるってのはいいね うん
まぁこっちの皆様は総じて出不精なんだけど(笑)

投稿: タシデレ | 2013/02/14 00:04

>タシデレさん
そうね タシデレさんは飲めないんだよね
飲めると楽しいか? 嫌なことを忘れられるか?
そうでもないよー^m^
私は昔 よく飲んでねー 飲み会なんかには必ず誘われた 
飲めるし 私がいると面白いしって理由で 色んなところから引っ張られる
でもね りょうが1歳の誕生日に誰かの結婚式の二次会があり そこで飲んだのが
最後の飲み会だった
以来 10年ちょっと一滴も飲まずにきたんだよね
飲まなくても平気だったのは 飲むことが楽しいと思っていなかったから
じゃあ 今はなんで飲むのか それは飲んで本音で話せる友達がいるから
語り合える時間があることがいいんだよね
だからー タシデレさんとだったら ガストでがぶ飲みで夜が明けるまで語り明かして
っていうのと同じなのだ(^◇^)

出不精の皆さん 
しかしね みんなが同じ市内に住んでるって凄くいいと思うよ
本当に会おうと思えば 30分でもお茶くらいできるわけじゃんね
男同士でお茶なんかしない???^m^
撮影会なんて言う風に1日仕事にしなくても ちょっと一緒に撮りに出る
程度でもいいんじゃないの?
本当に会う時間を作ろうと思えば 作れるものだと 思うのだけどな
私とつっちーは環境が似てる 休日は家族と一緒に過ごさなければいけない
だから 早朝しか撮りに出れない訳ですよ
その時間を逃したら 撮れない わけです
その思いが ちょうど重なる人だったから 一緒に活動できるわけで・・・

投稿: Toタシデレさん by奈月 | 2013/02/19 01:04

この記事へのコメントは終了しました。

« 絵心 | トップページ | Coexistence »