« Velvia 100 | トップページ | 海とキリンと僕 »

2013/06/29

木曜の午後




今週は とても忙しく 1日がかりの病院の予定も3日分入っており

どうしようか・・・と考えて 木曜日の人間ドックを1週間先に延期させました

やっと1日自由な時間が取れるので 溜まりにたまった家事をこなそうかと思いつつも

翌日に入っている大掛かりな病院の検査のことを考えたら

自分が満たされた時間を過ごせた方がいいな・・・と思えて

家事は放棄して(^◇^) 出掛ける事にしました

 

久しぶりに自転車に乗って 駅まで・・

電車に乗って名古屋駅まで行きます

つっちーと待ち合わせです

一緒にお昼ごはんを食べて それから新幹線のホームに

 

1p1070153


お昼頃の出発で つっちーは静岡に出張でした

少しの時間 ホームの待合室で涼みながら話をしていましたが

つっちーの乗る新幹線がやってきてしまいました

 

1p1070159

お見送りには もう何度も来ているので この頃は慣れてきましたが

目の前にあった姿が すーっと持ってかれてしまう様を見るのは

なんだかちょっと淋しいですね


1p1070186_3


電車が見えなくなるまで そこから動けません

 

そして私は どこかに寄り道するでもなく まっすぐ家に帰ります

せっかく 普段来れない駅まで出てきたのだから 買い物でもしていけばいいのでしょうが

どうしてもそんな気分にはなれず いつもそのまま帰路に就くのです

電車を降りると また自転車です

行きよりも外は暑く 日射しもきつくなっていました

古い住宅地を縫って走ります

あ!!と思わず自転車を止めました

この間つっちーが撮っていたのと同じ花が咲いていました

常にカメラを持ち歩いている私は 当然のように自転車から降りて 写真を撮ります^^

つっちーのベルビアで撮ったような色は なかなか出ませんね^_^;

でも なんだかちょっと魅かれる花だよね と 名前を調べました

 

1p1070206

 

ルドベキア というそうです

つっちーのルドベキアは こちらです

http://tutty-251project.cocolog-nifty.com/blog/2013/06/2-3615.html

 


人気ブログランキングへ

|

« Velvia 100 | トップページ | 海とキリンと僕 »

コメント

新幹線…もう何年乗ってないだろ?
僕は転勤も無ければ出張も無いから
まぁそういうのが苦手だからこそ こうやって生きてるんだけど
つっちーさんのビジネスマン姿が眩しいっす

人間ドック行くんだね そりゃいい

投稿: タシデレ | 2013/07/01 07:06

>タシデレさん
やぁ 久しいね(^-^) 元気かい?
もう7月になったよ そろそろだねー^m^

新幹線 私も乗ることは滅多にないよ
一昨年くらいに叔母の葬儀で大阪まで行くのに そうね20年ぶりくらいに乗った
そして去年の7月に横浜行くのに(オフ会よ~)贅沢にも乗った
で 今月13日にまた横浜に(オフ会よ~)行くのに乗るのだ
車好きの私としては 横浜だろうが車で行きたいのは山々なんですがー 時間がない
タシデレさんも上田に行く時に 名古屋まで新幹線を使えばいいのだ
私らは 仕事で遠くに・・・なんて機会がないもんね ずるいよねバスキーさんとかさー^^
つっちーもしょっちゅう出張があって えー明日からいないのー?^_^; とよく淋しく思ったのだけど
今ではかなり慣れてしまいました あまりにも頻繁に出張があるのです
長野にもよく行ってるよ^m^
だけど この写真でつっちーが持ってるカバンは カメラバッグです^^ カメラしか入っていなーい

人間ドック 明日です 5年ぶりに受けるんだー 思うところあってね・・・
前回は異常なしだった でも今回は不安なんだよね このドックで言われるかどうかはわからないけど
5月に腎臓がおかしいのがわかったし(で、仕事は辞めました)もう年だしねー^_^;
金曜に受けた大掛かりな検査っていうのは 大腸の内視鏡検査だったんだけど 癌かもしれない・・・って
かなり落ち込んでいたんだけど 主だった異常はなしだったー(^◇^)
朝一から夕方までの 人間ドックを上回る長い検査だったので 明日のドックは軽く乗り切れます
最近さ 自分が完ぺきに元気ではないと感じられることが多くてさ
子供たちのことを考えたら いつまでも元気でいなくちゃいけないじゃんね
ちょっとした異変もほっとかないようにしないとな ってさー

投稿: To タシデレさん by奈月 | 2013/07/01 13:45

この記事へのコメントは終了しました。

« Velvia 100 | トップページ | 海とキリンと僕 »