« ひとりより | トップページ | 見送るということ »

2014/02/10

ハーモニカ


小学校に上がる時 教材として買わされたハーモニカ

青いプラスティック製の ドレミファソラシドが2回繰り返すくらいの子供用

気がつくと家にも古いハーモニカがあった

私の青いものよりもずっと長くて音階もたくさんある

私が生まれる前に亡くなったおじいちゃんのものだと 父は言った

筆記体で英字が彫り込まれた金属製の なんだかカッコいいハーモニカ

私のと違って 幅色い音が出た

吹く穴が二段になっている 音が2種類一度に出るのかな

同じ場所を吸ってみると また違った音が出る

父はよく そのハーモニカでいろんな曲を奏でていた

父は昔からクラシックしか聴かない人だった




ねー このハーモニカは8つの音が出るの?

と 私はつっちーに尋ねた

そんなに出ないんじゃないかな  と つっちーは笑った





1imgp3391





つっちーが仕事で行った富士のおみやげに ハーモニカをくれた

富士の帰りの浜松で 見つけたのだと思う

小さなハーモニカのストラップ

そのとなりのピアノも 随分前の浜松出張で つっちーがおみやげに買ってきてくれた物

つっちーは ピアノが弾ける人 楽器が好きなのだ




ハーモニカには4つの穴があった

吹いて4つ 吸って4つの音が出るのかと つっちーに尋ねた

4つしか出ないんじゃないかな と笑ってる




家で吹いてみた

ド・ミ・ソ・ド という音が出た

逆に吹いてみたら やっぱり ド・ソ・ミ・ド と音が低くなってきた

楽しい^^


今度は吸ってみた 違う音が出るのかな

でも つっちーの言う通りだった 

吸っても同じ音しか出なかった

2つの音が出るような特別な造りではなかった

だけど4つしか音が出ないというのが なんだかかわいくて かなり気に入ってしまった





1imgp3381








人気ブログランキングへ

|

« ひとりより | トップページ | 見送るということ »

コメント

可愛いハーモニカですね(^^) ピアノのストラップと並んでると、音楽がきこえてきそう☆

浜松は昔、楽器博物館に行ったことがあります。面白かったですよー(^^)

投稿: あくあくぅ | 2014/02/11 00:43

可愛いハーモニカですね。

ミニチュアのハーモニカ、ピアノそれにカメラも

ミニチュアは単に大きなものを縮めただけでなく
その独自の世界観がありますよね。

おじいちゃんのハーモニカも素敵でしょうね。
「大きな古時計」ではなくて「大きなハーモニカ」ですね。
おじいちゃんの想いがいっぱい詰まっていそうです。

投稿: omoromachi | 2014/02/11 00:52

素敵なおみやげですね。
小さなハモニカに小さなピアノ、小さなカメラもとても良い感じです。

うちの父も何故かハーモニカが上手で、子供の頃はよく吹いてもらいました。
昔は学校で特訓でもしてたのでしょうか?(笑)

ハーモニカをいつも持ち歩いてたら良いだろうなとたまに思います。
単音10ホールのいわゆるブルースハープが欲しいのですが
いつもどのキーのを買えば良いのか迷って、結局買えず仕舞いです。

投稿: t.haga | 2014/02/11 03:20

ハーモニカですか
懐かしいです
トンボハーモニカがほしかった
でも高くて買ってもらえませんでした
ちなみに
ワタクシ ハーモニカが吹けません

投稿: イッペイ | 2014/02/11 10:26

>あくあくぅさん
そうなんですか! 楽器博物館・・・・なんてあったんですねー(^^ゞ
面白かった と聞いてしまったら 行くしかないですね(^◇^)
浜松といえば楽器 と 昔社会で習ったのですけど 浜名湖へ行ったり砂丘に行ったり
フラワーパークに行ったり 楽器を忘れて浜松を楽しんできましたー
でも今度は 楽器博物館をメインに行ってみます ありがとうヽ(^。^)ノ

投稿: To あくあくぅさん by奈月 | 2014/02/12 01:40

>omoromachiさん
ミニチュア 大好きです 子供の頃から(^◇^)
そうか やはり独自の世界があるんですね そこに惹かれるのかも知れません
自分で使うおままごとの食器よりも お雛様のお飾りのお道具に異常なほど興味を持ちました

ミニチュアでも このハーモニカのように音が鳴ったりすると楽しいですね
一緒に写ってるカメラは フラッシュではないけれどLEDの電気が何故かレンズの中からぴかっとつきます^^

おじいちゃんのハーモニカ 使ってるところは見た事がないですけれど
1枚の遺影でしか知らない祖父を 父の話や祖父の残したものを見ることで想像します
祖父は建築士だったらしく 家には不思議な道具や文具がいっぱい残っていました
砂消しゴムなんて何箱とあるんです(^◇^)文具やか!!って感じで
おじいちゃん これどんな風に使っていたのかな って 道具を見て幼稚園くらいの頃から思ったものです

投稿: To omoromachiさん by奈月 | 2014/02/12 02:04

>t.hagaさん
これらのストラップやキーホルダーは 全部つっちーとお揃いです^^
多くはカメラ型のストラップなんですけど カメラやお財布や携帯にいっぱいつけて持ち歩いています
もうつける場所がないくらいです(^◇^)
私自身はオルガンを少し習っていただけで 特別何もできないのですが
楽器の音が好きで 楽器を扱える人というのに憧れます

昭和の初めのころ ハーモニカは流行ったのですねー
ハーモニカ楽譜とか言うのも大流行したようです
父は昭和ひとけたなので おそらく学校で習ったのではないと思います
みんながハーモニカを持っていられるような時代ではなかったでしょうから
戦後 十代の後半くらいになって 歌謡曲が流行るような明るい兆しになった頃
祖父のハーモニカを借りて自由に練習したのではないでしょうか
ちなみに父は 口笛も相当うまいです^^音符を読めなくても感覚で音楽を奏でられる人なんでしょう

t.hagaさんはブルースハープが欲しいのですねー
どのキーを・・・って いろいろあるのですか? ちょっとびっくり そうなんだー・・・・
私達の時代は 簡単に買える金額で欲しいものが売られていますが
本当に欲しい時って 本当に自分に合ったものがいいから なかなか買えないんですよね^m^
t.hagaさん  音楽がお好きですけど 自分でも音楽 される方だったんですねー(^-^)

投稿: To t.hagaさん by奈月 | 2014/02/12 10:56

>イッペイさん
トンボの・・・調べました
いっぱい種類があるんですねー
父が使っていたのも こんな感じのものでしたが トンボかどうかは特定できずー(^^ゞ
今でもいいものは結構値が張りますね
昔はもっと高価なものだったのでしょう
でも今なら買えますよ^^ カメラを買うように昔買えなかったものを今に

昔できなかったことを今になって始めてみるものいいかな と ちょっと思います
機を逃すと できないままで終わってしまうのだと 思うし
やってみようと思えた時が 始め時なんじゃないかと
あ ハーモニカを勧めてる訳ではないですよ^^
自分に言い聞かせてるんです

投稿: To イッペイさん by奈月 | 2014/02/12 11:11

ha•ma•ma•tu〜!!*\(^o^)/*
(笑)
ああ、もう是非、浜松餃子もいかがでしょう!
私は学生時代、アコースティックギター部だったのですが、粟さんという部長がブルースハープの神業の持ち主だったのを覚えています(在学中に国内ギター弾き語りの 旅に出て、単位が足りずに留年するというツワモノでした)
つっちーさんのお土産、可愛いですね〜!

投稿: ふゆ | 2014/02/12 23:11

>ふゆさん
そうよー HAMAMATSU よーヽ(^。^)ノ
浜松餃子って有名なの?こないだもブログ友が浜松行ったって書いてて
餃子を鬼ほど食べたと言っていた
地元の人が何十個とお持ち帰りで買いに来ていた とか・・・

アコースティックギター  なのか
なんかとても納得してしまった
だって凄く似合いそうなんだもん(^◇^)
すごいなー ギター弾けるなんて・・・
私も高校時代にクラスメートから安くギターを買ったんだけど
楽譜もなく練習して・・・諦めた^m^
元夫が お前も練習しろ!!と 無理矢理やらされたけど    やめてやった
だってさー 私ね 半分左ききなんだよね
子供の頃からギターを抱えると 反対に持ってしまうの それしか持てないの
だけど 教えてもらったりすると 逆の向きで持たされるから どうしても指が動かない
早々と諦めました(^^ゞ 
私はピアノが好きなんだけど でもギター弾ける人っていうのは1番凄いと思えるよ
右手左手同時に見るって 不可能じゃん!!って思うもん(^◇^)

いいね 自分のツアーで単位落とすなんて 素敵過ぎる
でもさー その時にできることって ひとつなんだよね
大学は色んなことを学ぶ場所だと思うんで 4年で卒業しなくても 自分のスタンスでそこにいて
多くのことを習得すればそれでいいと思う
で 粟さんはミュージシャンになった人なの?^^

いいでしょ つっちーからのハーモニカv( ̄ー ̄)v
ふゆさんも身に着けられるものを誰かとお揃いで持つのだ
いつも繋がっていられるのだ
仲間♪o(^▽^*)人(*^▽^)o仲間♪

投稿: To ふゆさん by奈月 | 2014/02/13 12:32

この記事へのコメントは終了しました。

« ひとりより | トップページ | 見送るということ »