« 銀の影 | トップページ | 桜の季節 »

2014/03/29

つり橋の記憶


つり橋を撮りに行きました

遠い地です 

でも 山あいの川 暗くては何も見えないので 6時ごろ到着すれば・・・という感じで


真冬でも 早朝に走った道に表示されていた温度は マイナス2度でした

しかし 着いた土地は この季節で 太陽がのぼっていても マイナス3度(^_^;)

山奥の川沿いだからでしょうか





1imgp4980  





橋の向こうもこちらも すぐに山です

民家は川沿いに建っていました





1imgp4975





夏場なら 橋にまとわりついている蔦も 青々としているのでしょう





1imgp4985





ふたりで 橋を渡ります

つり橋なので たったふたりしかいないけれど 揺れます

つっちーはふざけて ちょっと大げさに歩きます

揺れが大きくなり・・・・少し酔いました(^^ゞ





1imgp5003





反対側に来ました

こちらの方がちょっと暗くて 外灯もついていました





1imgp5021




1imgp5022001





橋を撮っている時は 自分の好きな場所に行って集中して撮っているつっちーですが

橋を渡っている時は 後ろから私を撮っていたり

または 私より先に行って振り返り 私を撮ってくれていたり です





昔 まだ私達が前のクラブに属していた頃 クラブの撮影会で白川郷に行った事がありました

6人で行きました

駐車場から白川郷の村に入るのに 長いつり橋を渡って行きます

橋の欄干を一生懸命撮っていた私は みんなに置いて行かれていました

私の存在など全く気にしないで みんな橋を渡り終えていて 見えなくなっていました

けれど ひとりだけ 私が撮り終えて歩きだすのを待っていてくれた人がいました

つっちーでした

特別仲良しだった訳ではありません 

一緒に撮影するのは この時が初めてだったと思います

でも この時のつっちーの表情は 今でも忘れられません





1_2





私は 走ってつっちーの所まで行きました

優しい人なんだなって 思いました





ちょっと酔いながら 揺れるつり橋でつっちーの隣を歩いていて

つっちーとつり橋を渡るのは 2度目だな って 昔のことを思い出したのです














人気ブログランキングへ

 

|

« 銀の影 | トップページ | 桜の季節 »

コメント

吊り橋ですか
何か日本ではないみたいですね

橋って こちらからあちらへ行くだけでは済まない
何かがありますね
昔から橋を渡るということはかなり意味のあることだったようですよ
橋番がいたくらいですから
一つの結界だったのでしょうね

橋は人生を感じさせるのかもです
2枚目3枚目4枚目 みんな素敵です
素敵なひと時が写真を見ている方にも伝わってきますよ

投稿: イッペイ | 2014/03/29 09:25

あの場所の雰囲気を見事に捉えていますね。
特に10-24で捉えたモノクロ写真 橋が濡れているように光っていてとても幻想的です。
今度は夏に行って ツタが絡まった橋を撮りましょう。
僕のも早くみたいなー。現像しないと... (^^)

あ、白川郷の写真 懐かしいですね。
きっと、写真を撮るだけじゃなくて、あなたと一緒に撮りたかったんだろうな
しかしー 今では考えられない重装備 (^^) ありえん

投稿: つっちー | 2014/03/30 08:15

こんにちは。
こちらですね、広角を使われた写真は。
まさしく、このイメージです。あの並木をこう撮りたかった~
見上げてパースペクティブを強烈に出したかったのですが…
ホント素晴らしいです。色も綺麗で、モノクロは尚更好きな描写です。

僕は、もっともっと練習せねば!!

素晴らしい写真、素敵な思い出にホロっとさせて頂いた この度のブログ。
心温まる 至福のひと時をありがとうございました。
つっちーさんから、ポチッと・いいね!を頂きました。
とっても嬉しかったです (*^▽^*)

投稿: ELE-KID | 2014/03/30 11:45

>イッペイさん
橋番 ひとつの結界・・・
なんかとても 重く響いてきました
自分の足で橋を渡るとき 自分でもよくわからない何かを感じます
イッペイさんのコメント 深く心に来ました

写真 素敵だと言ってもらえて嬉しかったです
撮っている時の気持ちや 私が受ける心地よさ そんなものが伝わるといいなって思ってます^^

投稿: To イッペイさん by奈月 | 2014/03/31 00:30

>つっちー
つっちーにモノクロ写真を見せるのは ちょっと緊張しますね^_^;
もともと色が好きだったため それでいて あーここは・・モノクロの方が伝わるな・・・と
撮る訳で そんな生易しい思いで撮っていてもダメなんじゃないかって思ってしまうのです
だけど 同じ場を見ていたあなたが そのように言ってくれることは 大変励みになります
つっちーの写真は 私の後でいいのです^m^ だって
先に出された日にゃ 自分のに自信が持てず出せなくなってしまうからー

青い蔦 撮りましょう
川の水も深い色になっていて この時とは全く違った印象を持てると思います

白川郷・・・ほんと 懐かしいね
あの時2台の車に分散して乗るのに引いたクジ あれは運命のクジだったのかもしれません
いととん・ててん を撮った事覚えてますか?
あの頃もつっちーは ひとつのものに集中して自分の世界に入り込んで撮るというスタイルでした
いつまで撮っとんじゃ!!!って 実は背後で思っていました^m^
でもISOが高いままで撮っていて全然だめだったと後から落胆していたのを よく覚えてます
いいじゃん 多少粗くたってー あんだけ時間かけて撮ってたんだからどんな写真なのか見たいのにさー
なんて軽く思った私でしたが 今では つっちーが写真1枚に対してでもいい加減な人ではない
という事を知っているので あの時も今も同じつっちーなのだな と 思えます
カメラバッグ2個って・・・すごいことだよね(^_^;)
D7000を持ってきていた時だと思いますが 他にキヤノンの一眼も持っていたのではないですか?
私的には・・・最近の銀塩カメラ1台体制の姿の方が なんかしっくりくるんですけどー

投稿: To つっちー by奈月 | 2014/03/31 11:21

>ELE-KID さん
こんにちわ 見に来てくれてどうもありがとうございます^^
そうです これがその広角の写真です
滅多に広角レンズなんて使わないんですが 橋の形状を知っていたので
他のレンズは置いて広角一本で撮りに行きました
パースペクティブ・・・・調べました^m^
そう!そんな感じです(笑)
撮りたいものを全部入れたいから ではなくて この橋の重圧感やら
この場のしっとりした深さみたいなものを出したかったので アングルを慎重に決めました
思うのですが 一見簡単なようで 広角レンズってその特性をどう生かすかをその時その時で
考えなくてはいけないレンズだと思います
ですから 本当は私には難しいです

個人の思い出話に身を寄せてくださって ありがとうございます
とても嬉しいです^^
つっちーがいなかったら もしかしたら私は写真をやめていたかも知れないし
何度もいろんな葛藤に悩んでいたかもしれないし いい写真が撮れないとへこんでいたかもしれません
つっちーと撮るようになってから そのいづれも私の中には生まれてきていません
楽しく撮れる事が1番だと思います
それだけでいいと思える今日この頃です
今後も 他愛ない二人の撮影日記みたいなものしか出てこないと思いますが
よろしくお願いします

そうそう 先日の早朝写真の時に  ELE-KID さんが私と同じカメラで同じく広角で撮ってたんだよー
奇遇だよねー なんて話をつっちーとしていてー・・・ 
ということで つっちーの事もよろしくお願いします(^◇^)

投稿: To ELE-KIDさん by奈月 | 2014/03/31 12:02

この記事へのコメントは終了しました。

« 銀の影 | トップページ | 桜の季節 »