« 下町散策 | トップページ | 続・下町散策 »

2014/04/28

つっちーとカメラ 6


もうずいぶん前から 自家現像をやっているつっちーです

そのために 自宅のお風呂場付近に現像するスペースを造り 現像をしていました




が 『暗室をつくりたい』 と かねてから言っておりました

『自分で印画紙にも焼きたい』 とも 言っていました

で つっちーは暗室造りを始めました






1imgp60231

(この写真は 本編とは一切関係ありません^m^)






現像するのに必要なものは ほとんど揃っていましたが 印画紙に焼くための機材は

時間をかけて探していました

少しずつ集まってきているようでした

やりたいやりたいとは言っていましたが 実現するのかな?と なんとなく思っていました





でも先日 暗室に使いたいと言っていた 私のうちにある私には不要なものを持って行ってもらったのですが

大きなものだったので私も一緒に運んで その暗室とやらに初めて入って・・・

ちょっとびっくり






1img_1956






えー 真っ暗じゃん (当たり前じゃん と つっちーの返事)




実は窓も多くあるこの建物・・・暗室と呼ぶこのスペースには 私が見る限りでは

窓の外からの光は一切入ってきていない

よくひとりで ここまで作ったなー ( ̄□ ̄;)!! と 感動しました





もう 作業のためのものはすべて揃ったそうです

プリンターではなくて 自分の手で焼いた写真・・・ 早く見てみたいものです(^◇^)






これまでもずっとそうでしたが

つっちーは 夢を語るだけではなく それを実現させるために行動できる人 です

















人気ブログランキングへ




|

« 下町散策 | トップページ | 続・下町散策 »

コメント

う~ん
30代の頃を思い出しました
娘の写真を押入れを改造した暗室で焼いていたのを
その写真は定着が甘かったのか赤くなっています

暗室に入ると酸っぱい匂いがするでしょう
あの匂いがまたたまらない

つっちーさんは本当に写真が好きなんですね

投稿: イッペイ | 2014/04/28 09:52

奈月さん こんばんは
暗室の独特の匂いは,父が小さい時に
私たちの子どもの頃,写真を現像し,
焼いていたのを思い出します。
私も父の機材を使って高校時代は
自分で焼いていました。
 
それも遠い昔の話です。
 
つっちーさんの夢を形にしていく
実行力 素敵ですね。私も憧れて
しまいます。

投稿: nadoyama | 2014/04/28 22:33

夢を実現させるのは今の時代なかなか難しいものと感じています。
その中でコツコツと夢に向かって実行していく意志と行動は尊敬します。
現像から紙焼きまで行えれば自分の色が出せるのでこれからのつっちーさんの作品が楽しみです。

っていうか、つっちーさんは何台カメラを持っているのかな~
所有している一台一台のカメラ紹介記事を希望^^/

投稿: 魚京 | 2014/04/29 08:23

>イッペイさん
言ってましたね 押し入れでの現像の話
暗室の匂いは この時はまだわかりませんでした
昨日もまたつっちーは 次々と物を運び入れて 暗室作りを進ませていたようで
現像はおそらくまだここではやっていないのですねー
ということで まだ暗室の匂いはしていません^^
イッペイさんちの押し入れは その暗室の匂いだった訳ですか? お布団とかも暗室バージョンに
なっていったという訳ですねー(^◇^)

つっちーは 写真・・好きですね
なんて言うんでしょうか? や うまく言えないので書きませんが・・・・
人の思いというのは 他人には代弁できるものではないなと 今思いました

投稿: To イッペイさん by奈月 | 2014/04/30 02:13

>nadoyamaさん
nadoyamaさんのお父さんも 自分で現像していたのですねー^^
うちの父は 写真屋さんに頼んでいたので それが普通なことだとずっと思って生きてきました
暗室で作業するなんて 写真屋さんか写真の仕事をしている人だけだと思っていたんです
それで nadoyamaさんも自分で写真を焼いたりしていたのですねー すごいなー(^◇^)
私の中学にも写真部があって・・・当時はもちろん何も興味もなかったし 卒業アルバムを見て初めて
あ・・・写真部なんてあったんだー(^^ゞ と気付いたくらいですしー
中学生で写真を撮る事が趣味なんだ・・・なんてビックリしました
やはり写真部には女の子はいませんでしたけどねー 興味の矛先がまるで違うのですねー

ですから 今写真をやってる人で 中学高校のころから写真が好きで・・・って言ってる人を
たまに見かけるのですが だとしたらとても長く同じ趣味を続けているんだなーと・・・ 
一貫して同じものが好きでいられることが 素敵だなと思えるのでした(^-^)

投稿: To nadoyamaさん by奈月 | 2014/04/30 02:25

こんにちは。
フィルム撮影の頃の暗室、とっても懐かしいです。
ダークバックの中で、現像タンクのリールにフィルムを巻いて・・・。
あれれ? 暗室に・・、現像液や停止液、定着液のバットがありませんね。
時代の差なのかなぁ・・・?

投稿: mickey | 2014/04/30 05:14

>魚京さん
夢なんてもんじゃない これは単に趣味だよ^^ と つっちーは言います
でも 何を夢と呼ぶかということで 単なる趣味と呼んでもそれはいいです
何かしたいなと思っても 忙しいとかお金がないとか いろんな理由をつけて
手を出すこともしないでいる人たちもいます 私もそんなひとりでしょう
つっちーだって 決して暇な人ではないです 私が見ている限りでは自由な時間がない部類の人に入ると思います
それでも これをやりたい と決めたら いつまでに何をすると計画を立てて何が何でも実行していく
そういう姿が素晴らしいと思います

ということで 楽しみですねー^^ 自分の事ではありませんが とても楽しみです
できれば 現像してるとこや焼いてるとこなど この目で見てみたいのですが
それもなかなか叶わず ちょっと残念です
でもいつか つっちーの暗室で私も私も写真を焼かせてもらえるんじゃないかと その辺も
楽しみにしている今日この頃なんです(^◇^)

つっちーが持ってるカメラ・・・こないだ数えたそうです 数を聞いてびっくりしましたが
そうだろうな という感じでもありました^m^
カメラ紹介ってなんですかー(^^ゞ つっちーにそれお願いしたら めちゃめちゃコアなブログになってしまいそうだ・・

投稿: To 魚京さん by奈月 | 2014/04/30 10:28

>mickeyさん
そうですかー mickeyさんも自分で現像をしていたんですね^^
私は 現像や焼きつけというものは 写真屋さんにお願いしてやるものだと思っていたので
昔やっていたよ という人の声を聞いて ちょっとびっくりしています

この写真の暗室は まだ作ってる過程のものなので この場にものが全部は揃っていません
これまでは暗室ではない自宅で現像する作業をやっていました
暗室を自分で作って そちらに道具等を運んでいる最中です
時代の差ではありませんヽ(^。^)ノ 

投稿: To mickeyさん by奈月 | 2014/05/02 00:39

この記事へのコメントは終了しました。

« 下町散策 | トップページ | 続・下町散策 »