« 本を読む | トップページ | 花の迷路 »

2014/05/28

フランスなカフェ


こういう店で食事をしたのは 初めてかもしれない

つっちーと行くお店は 珈琲の店か ファミレスか チェーンのステーキハウスか 居酒屋である

独身の頃は お値打ちなファミレスも少なく 当たり前のように 個人店である洋食屋に行っていた

そんな遠い昔のことを ふと思い出すようなお店だった

 

1imgp6520

 

名古屋 覚王山を散策中 お昼ごはんをとろうと適当なお店を探した

小さくて洒落た店は沢山あるけれど そういう店は必然的に 隣のテーブルが極めて近かったり

大きなテーブルひとつに 合い席のように見知らぬ客同士が向かい合せになるように掛けるのが普通だ

できれば写真が撮りたい・・・と 思っていた私は そういう雰囲気の店を避けた

選んだこの店は 入口も大きく 店全体がガラス張りの造りで 中が広いのがすぐにわかった

 

 

1imgp6524

 

フロアは2つあり 私達は窓に近い 明るいフロアのテーブルについた

でも窓際の丸テーブルではなく フロアの中ほどに位置する多人数用の大きなテーブルに・・・

他の客がすぐそばに座ってくるほど 店は混んでいなかったし この席からだと色んな方向に

カメラを向けられる と思ったからだ

 

1imgp6516

 

目の前には 色んな小物があった

大きなテーブルの向かい側の客は これらの小物があるために 直接目には入ってこない

 

1imgp6528

 

どうも フランスびいきのお店みたいだった

え?フランス料理屋さんだったの???と 一瞬びっくりしたが 多分そういうことではない

 

1imgp6530

 

1imgp6526001

 

なぜなら 私が注文した料理は チキン南蛮とかって名前だったからだ

お茶碗でごはんが出てきて ナイフやフォークは存在せず お箸だけが出てきた

1imgp6515

 

1imgp6531

 

でも決して和のお店ではない 気取らない家庭的な洋食屋さん・・・フランスびいきの^^

 

つっちーが選んだのは ポークステーキだった

 

1imgp6533

 

そして ビールを1杯つけていた

運転手の私は いつもどおり 珈琲^^

 

1imgp6536

 

それにしても とても居心地がいいお店である

お店の人に了解を得て 写真も撮らせてもらえている(^◇^)



1imgp6523

 

普段私は お店の中でカメラを出さない

でも せっかく撮れそうなお店を見つけて入って・・・・この手作りタイルでできたテーブルについた時に

思わず注文をとりに来た店員さんに聞いていた 『お店の写真撮らせてもらえますか?』



なんだか ほんとうに心地いいお店で 覚王山に来た時は 又このお店に入ろう と決めた

 

1imgp6541










人気ブログランキングへ

|

« 本を読む | トップページ | 花の迷路 »

コメント

いい雰囲気のお店
そこで撮影許可がおりて
撮影する楽しさ、良かったですね。
ときどき、入り口に室内撮影禁止という
表示を見かけることがあります。
そのようなとき ちょっと残念のような
に感じます。
 
ライカ いいですね 

投稿: nadoyama | 2014/05/28 05:41

短いですが楽しんで見ました

投稿: イッペイ | 2014/05/28 09:43

>nadoyamaさん
はいー そうですね^^
聞いてみて良かったです
お店の宣伝になるから 撮ってブログにでも載せて欲しい と言ってくれる店もあれば
初めから撮影禁止の張り紙の店もあり やはりみなさん考え方は多種多様なので
でも 撮ってもいいお店でも マナーってもんがあるので 
ウロウロ立ち歩いたり 他のお客さんが嫌な気になるような撮り方はしないように気をつけてます

私はライカがどうとかっていうのはわからないのですが
撮ってしまうのは なんだか絵になるような気がするからです
いっぱいカメラ持ってるつっちーに感謝です(^◇^)

投稿: To nadoyamaさん by奈月 | 2014/05/29 10:39

>イッペイさん
私ごとですのに 楽しんでいただけて 本当に嬉しいです
ここは 覚王山に行った中でも 私の中では1番納得して撮れた場所です

投稿: To イッペイさん by奈月 | 2014/05/29 10:41

暖かい感じの素敵なお店、ということがよく伝わってきます。
どれも良い写真ですね!

投稿: t.haga | 2014/05/29 19:36

>t.hagaさん
t.hagaさんに 良い写真なんて言ってもらえると 大変嬉しくなります(^◇^)
ありがとうございますー
この居心地の良さは なんだろう って 思っていたのですが
暖かい感じ と 言われて あーそうか・・・と
初めての所に行くと 気分が高揚してしまうのですねー 本来のものを感じ取れていないことに
今になって気がつきました
 

投稿: To t.hagaさん by奈月 | 2014/06/01 01:04

大学4年時のフランス語の授業でね
夏休みだったかな
「指定された本を読んでまとめてこい 感想は不要」みたいな課題を出されたわけ
(いやホントは仏語の授業なんて2年生で終わるんだけど落第に次ぐ落第でw)

で、その本が日仏の文化比較みたいなやつでさ
とにかくフランス万歳すべてが素晴らしくて最高で
日本がいかに馬鹿で阿呆な国かが延々と書かれてる本で
ふざけんじゃねぇと思って課題を放棄して
休み明けに先生のところに行って延々と抗議して
「ねっ、これだけ抗議出来るってことはちゃんと読んだってことでしょ」
と言って単位もらった♪

…という僕の淡い思い出が甦った(笑)

投稿: タシデレ | 2014/06/04 23:57

>タシデレさん
いい話だな^m^
それって フランス語で書かれた本なんだよね? すごいね フランス語もできるんだ
しかし・・・そんな本が出ているんだね 日本ってそんな風に思われてるんだねー
教授は 何を思ってそんな課題を出したんだろうね 
感想は不要ってことは 本来は日本の悪態をついた内容をまとめる訳だよね?
みんな 何か言いたい事がでてきただろうに・・・ タシデレさんのように 教授の所にモノ申しに
行った人は 他にもいたんじゃないのかなー
何をさせたかったのだろう タシデレさんにはわかっている?

それでもしかして タシデレさんは フランス嫌いになってしまったとか・・・

投稿: To タシデレさん by奈月 | 2014/06/07 22:29

あ、ごめん説明不足だね
その本は日本人著者による日本語の本だよ
フランス語なんてアン・ドゥ・トロワしか知らないよ(笑)
出席さえすれば単位取れるような授業なのに、バイトばっかしててサボった結果の落第です(^^;

ふと思い出したんだけど、その時の先生は
ウェーブみたいなパーマかけて、首にスカーフとか巻いちゃうようなお洒落気取りな先生でさ
要するに仏語の先生だけあってフランスかぶれだったんだと思う
だからそんな本を読ませて、いかにフランスが素敵な国かと洗脳したかったんだろうね
内容はハッキリ憶えてないけど、こんなトンデモ本を日本人が書けるってことに呆れた記憶がある

その頃には僕はあっちこっち旅してて、嫌なフランス人しか出会ったことがなくて、
ヨーロッパの中で言えばドイツ人とかイギリス人とかは気の良い連中が多いんだけど
フランス人だけはどうも苦手でさ。言い方悪いけど気味が悪いのが多い(笑)
その印象は今でもさほど変わってないんだけどね

だからその本が余計に腹が立って、あんな奴らを育てた教育や文化が最高なわけないじゃんってさ
嫌い…って断言出来るほどには良く知らない国だけど、あんまり良い印象が無いのは確かかも(^^;

やっぱ日本人ってホント凄いと思う。偉い。教育が素晴らしい。
外から見てると心から実感する^^

投稿: タシデレ | 2014/06/09 00:20

>タシデレさん
ウェーブみたいなパーマかけて 首にスカーフってー^^
ふと 片岡愛之助を思い浮かべてしまったー
でも そんな先生が 本をちゃんと読んだってことで 学業としては認めてくれてよかったよね
私は フランスって結構好きで 素敵な国だとは思うのだけれど
他国をこきおろすことはないと思うなー^^
でもさー 気味が悪いって なんだろー(^◇^) 想像ができない
私が唯一知っているフランス人は 南山大学のフランス語の教授の奥さんで 日本人の教授と結婚して
ずっと日本に住んでるんだよね 日本語もペラペラでとっても明るいいい人でした
フランス人はフランス語に誇りを持っていて 英語とかで絶対に喋らないと聞いた事があるのだけど
その人は常に日本語で話していたので とても好感が持てました
稀にご主人と一緒にいるときは 内緒話みたいな小声で フランス語でブツブツと会話してるので
他の人が聴いてても きっとわからないのになー(^^ゞ なんて不思議に思ったりもしました
私は いいフランス人に出会えてよかったです

そうね 日本の教育は素晴らしいと思うよ
みんな自国はいいと思うものなのかなと思っていたけど こないだテレビで
アメリカ人やオーストラリア人が日本の学校を見学に来て 掃除や給食配ぜんや組体操なんかを見て
ものすごく驚いていたのよね
自立心や仲間を想う心や そういったものを他国では学校教育の一環としては教えないらしく
素晴らしいと言ってくれていたよ
それを聞いて とても嬉しく思ったのでした

投稿: To タシデレさん by奈月 | 2014/06/10 14:15

この記事へのコメントは終了しました。

« 本を読む | トップページ | 花の迷路 »