« いつも通り | トップページ | 花の色は »

2014/10/15

アメリカ生まれの


アメリカに1週間行っていたつっちーは 仕事で行っているにも関わらず

私に沢山のおみやげを持って帰ってきてくれた

でもなんか お土産と言う言葉が しっくりこない

もちろん 日本では手に入らないものばかりなのだけど・・・





1imgp0208001





それらは つっちーのセレクトらしい スマートな品ばかりだなと 思えた





モノクロの写真集

1imgp0213



写真集と言うのか 雑誌・・・ではなく なんて言っていいのかよくわからない本





1imgp0209001


1imgp0211



日本人フォトグラファーの写真もあった

表紙に書かれてる タケシ・イシカワ と言う人

Minamata Revisited という題材の写真が沢山出ていた

水俣病になった人たちの写真だった

この本は今月に出版されていたが 写真は1970年のものだったりで・・

ラフな気持ちではページを繰れない本であった

しかし 言葉が出て来なくなるような写真ばかりである





次にドッグタグ

1imgp0212



兵士が身につけるネームプレート のようなもの

私の名前は刻まれていないが つっちーが行ったテキサス州のある場所の住所が刻まれていた





最後にメッセージカード

1103_1014





かなり大ぶりのもので 片方は誕生日用で もう片方はありがとう用だった

つっちーから メッセージをもらった・・・・のではなくて この絵柄が気に入って買って来てくれたのだ

アライグマとウサギ っていうのは 私達にはちょっと特別な動物で(^^ゞ

特にアライグマの物を見つけたら とにかく手に入れろ!!って感じ





なかなか凝った造りで





1imgp0214001



本当にこの子達 ここにいるみたい(^◇^) 

なんてかわいいんだ





1imgp0216002



何故か松の木の枝にぶらさがるアライグマ

アメリカのものなのに 松 なんだ・・・・

しかも こんなリアルなアライグマの絵を使った商品は 日本にはない

おそらく需要がないから 売られることはない^m^





つっちー よく探してきてくれたねー

つっちーが無事に帰って来てくれればそれでいい と思っていたけど

お土産なんていらないから 早く戻ってきて と思っていたけど

時間ないのに 私のことを考えていてくれたことが なにより 嬉しかったよ(^-^)

ありがとう


















人気ブログランキングへ

|

« いつも通り | トップページ | 花の色は »

コメント

奈月さんの好きなものをセレクトされていて
すごく大切にされている感じがひしひしと
伝わってきますね。
日本にはないお土産、文化の違いを感じさせる
ものばかりですね。本当によかったですね。

投稿: nadoyama | 2014/10/15 05:34

つっちーさんが帰ってきてほっとした気持ちが
いっぱい溢れていますね
モノクロの写真集は強烈なものが多くて
最近のゆるく生きてる私には
なかなかついていけません

アライグマこの辺にも出てきますよ 
飼えなくなって山に放したものが増えたようです(田舎でしょう)
天敵がいないので畑を荒らしたり悪さをして困っているようです
友達がわなを仕掛けて捕獲したら
お叱りを受けたようですよ

投稿: イッペイ | 2014/10/15 10:29

>nadoyamaさん
嬉しいコメントをありがとうございます
こないだも言ったように 私はものをいただくよりも
思いをいただく方が好きでして おみやげを期待していた訳ではないのです
だけど 目の前に次々と出されたものを見て それらを選んでいるつっちーの姿が浮かびました
だからね なんかとても嬉しくなりました^^
本当によかったですね というnadoyamaさんの言葉が 妙に胸に響きました
ありがとうございました
 

投稿: To nadoyamaさん by奈月 | 2014/10/16 10:44

>イッペイさん
これでも あまり激しく感情を出さないようにと思いながら書いているのですが(^^ゞ
悲しかったり 嬉しかったりっていうのは 写真や言葉に出てきてしまうものなのでしょうか
というか ホッとしている感じがこの記事からわかるのかーと思うと びっくりで
でも確かにその通りだったのですよね^^

アライグマは日本では 害獣みたいに言われています
畑を荒らしたりするいきものは 人間からすると邪魔な生き物でしかありません
人間がそう仕向けてきたのにね・・・
お友達がお叱りを受けたっていのは アライグマに叱られたってことですか?
反逆されたりしたのでしょうか?^^
あ 違いますね 動物愛護協会とかから注意を受けたってことですね?(^^ゞ

投稿: To イッペイさん by奈月 | 2014/10/17 00:44

お土産かぁ
もらうのは得意だけどあげるのは苦手
いやケチとかそういうことじゃ(たぶん)なくて
何をあげたら喜ぶだろうか…とか
考えるだけで熱が出る

投稿: タシデレ | 2014/10/19 00:14

>タシデレさん
そうそう 私も人にものを贈るのは苦手です
私は もらう方も苦手なので だから余計に 贈ることで互いにストレスを抱えてしまったらどうしよう なんて・・・
最後に会った岡山・小豆島の旅
最後って書くと 次がないみたいで変だけど(^^ゞ 
あの日って タシデレさんの誕生日の少し前だったんだよね
遠くに行ってしまうし なにか 誕生日プレゼントを渡したいって考えて考えて考えて・・・
結局何も考えつかなくて 用意できなかったんだ
相手のことを思うが故に 結果 何もできないで終わってしまう私なのでしたー

その点 つっちーは凄いって思った

でも もらうのは得意 って・・・・あー なんか わかる気がしてきた^m^

投稿: To タシデレさん by奈月 | 2014/10/19 21:54

うん、つっちーさん凄いね
このお土産ラインナップは只者ではない

>誕生日プレゼントを渡したいって

ま、まじかー
いつもだけどその気持だけで嬉しいっす

日本てさ、もらったらお返しがどうとか
お返しなんて要りませんよハハハとか言いながら本気にしたら裏ではケチだ非常識だって
なんかそういう本音と建前な感じがね
日本の伝統だってことは頭では分かってて、それが素晴らしいとも思ってるんだけど
どうも僕はそういう気遣いが出来ない男なもんだから ストレートなもんだから
いつもストレスになるんだよね

…そういう意味においては もらうのも苦手だ(^^;

色んな意味で
タイ人に生まれた方がラクだったと常々思っております(笑)

投稿: タシデレ | 2014/10/20 00:46

>タシデレさん
そうか もらうのは得意っていうのがわかる気がする と書いたのは
そうあげてはいないけど 私が贈ったものとかサンピアとか^m^ 
その辺りの対応からきてるので
それは相手が私だからだな と 思えました
そうそう 私も 贈るの嫌いな変わった人 で通っているのだけど
こないだ えー!じゃあプレゼントとかしないのー?と贈らない話をしたらビックリされて
いや・・・・好きな人には贈るけど。。。と 心の中じゃ思った
私はタシデレさんの気持ち よくわかるなー
その人を思って何かを贈りたくなる というのもわかるし 私もそうすることは多々あるけど
ものを贈り合わないでも仲良くしていられる関係っていうのも いいんじゃないかと思う
形を使わずに思いを伝えあえる関係なんじゃないかって

で タイ人はなにがどうなのさ?

あ・・数日前 ネパールのトレッキングで遭難っていう話を聞いて ビックリしたんだけど

投稿: To タシデレさん by奈月 | 2014/10/21 13:55

「雨が降ったらどうしますか?」と質問されて
日本人は「傘をさす」
どこだか忘れたけどヨーロッパ人は「長靴を履く」
とか答えるわけ
で、タイ人は「外に出ない!」と即答する
そんな人たち(笑)
ね、僕向きでしょー

僕は雪崩が起きるような場所には行かないから大丈夫だよ
暑い場所には結構行くけどさ
遭難の話もヤフーニュースで知ったんだよね
こっちの新聞とかは読まないわけだからネパールで何が起きてるかなんて分からない
結局こっちのニュースも日本経由で知るしかないのだよ(^^;

投稿: タシデレ | 2014/10/22 00:49

>タシデレさん
なんかさ ヨーロッパの人も傘をささないらしいね
気持ちいいじゃん 濡れてー とかって言って濡れたまま歩いているのを見た
イギリス人は違うのかもしれないけど 雨が珍しいとかって言ってたよ
タイ人は 外に出ない・・・・
そうかー 我々日本人などは 雨が降っても出掛けなくちゃならないほどせわしない生活をしているのかもね

今回 台風の影響で予想していなかった雪がいきなり降ったらしいじゃん
でもってトレッキングって結構何日も行ってたりして 突然の情報とかが入ってこないから
わからなくて遭難したみたいに聞いた
じゃあもしかしてタシデレさんの行った所って 普通の場所っぽかったけどここのことかな?
なんて わずかに思ったのだけど
上級者コースっぽかったので 行くわけないなー( ̄▽ ̄) ニヤ なんて思い直して・・・・
そうかー ニュースが入ってこないってちょっと怖いよね
ネットで情報を得られるのが 何よりの救いです

投稿: To タシデレさん by奈月 | 2014/10/23 13:46

この記事へのコメントは終了しました。

« いつも通り | トップページ | 花の色は »