« オタルでドン | トップページ | しめは道産で »

2015/08/27

買えない町

昼食後 小樽の街を散策する訳ですが

やはり小樽と言うと ガラス細工です^^

私はガラスのものが大好きなのです

有無を言わせず それらしきものがある店に入ります

しかしね・・・そういう店では 写真が撮れないのです

北一硝子 と言う店が有名なのだと思います 20年くらい前に小樽に行った時も

北一硝子に行きました

しかし ガラスが好きで 何か記念に買って帰りたいのに 結局その時は

かなり安げな 値段も安く 見た目も安っぽい泡がいっぱい入った青いグラスを2個 

妥協して買ったんです

今度こそはー!と思って 気に入ったものを買って帰るぞー! と 何軒も回りました

どうも北一硝子・・・沢山お店があるようで ガラス屋さんだと思ってはいると

それが全て北一硝子チェーン^m^ だったのです

買えそうな安い店もあれば 高級すぎて買えない店もあります

後者の方は ゆうちゃんにつきっきりで見ていないと ぶつかって落としでもしたら大変!!

な値段の店です(^^ゞ

気が気ではありませんでした 写真も撮れないしー・・・疲れた

途中でお茶する事にしました

ゆうちゃんに水分を摂らせないとまずいです 

だけど入る店が全然決まりません スイーツ系がある店を指さして家族に勧めるのですが

誰も行こうとしないのです(なんでなんだー!)

でもってまた家族がガラスの店に入って行きます(いったん休もうよー!)

仕方なくついていくと ガラスの店の奥に通路があり 違った空間に行けるのを発見




 1imgp2165



おおー なんかいい感じじゃん と やっとカメラを構えます^^




1imgp2166



なんだろう?この線路は・・・

りょうちゃんが覗いている店を私も覗いてみました

すると 20年前に入った事があるカフェだったのです

おおおー ここはー (^◇^) と ゆうちゃんたちを探しに行き このカフェに入る事にしました

もう私が決定させましたv( ̄ー ̄)v




1imgp2186



とてもシックな感じの落ち着いた店で 実はランプの灯りしかないのです

従って 本当に本当に暗いのです

ここの写真はISO12800で撮ってます




1imgp2188



ここで アイスクリームをゆうちゃんに食べさせ 疲れを癒させます




1img_3327



20年前は私はここで手紙を書いていました

日本一周旅行をしていた時で 当時は携帯電話もなく 私は行く先々で友人や義母に

手紙を書き その地方でしか売られていない切手を買って貼り 送っていたんです

しかし この店はあまりに暗く 書いている字が見えずランプの下ぎりぎりに便箋を置いて書いたのを思い出しました

ここで休憩したのち またいろんな店を回りました




1imgp2155



川沿いに素敵な造りのお店がありました

ここもガラス屋さんみたいです ですから中は撮りません(^^ゞ




1imgp2157002



りょうちゃんは とにかくよく座ります

まー 椎間板ヘルニアを患っているので 長いこと歩くのがしんどいようです




結局 ガラスものは買えませんでした

せっかく小樽まで来たのに 残念です が 前もそうだったので予想はしていました




1imgp2171



そうそう オルゴールの店にも行きました

ガラスの店もそうですが 2階建で 2階にも沢山の商品がって感じの店が多いです

素敵な洋館を散策してるみたいで 入るだけで楽しいです




1imgp2175



ここは ガラス細工よりも手が出せない値段のものが多かったです

もちろん どこでも売っているような安価なものもありますが どこでも買えるものは いりません




1imgp2179



そして 飛行機の時間が近づいてきて 私達はちょっと遠い駐車場に向かいました

小樽は・・・・歩きに来た感じでしたねー(^◇^)









人気ブログランキングへ

|

« オタルでドン | トップページ | しめは道産で »

コメント

小樽の町は 北一硝子に乗っ取られそうな感じですよ
私もウイスキーを飲むのにロックグラスを探しました
でも クリスタルガラスは高くて手が出ませんでした
少し小さいお店で安くてステキなものを見つけたので買いました
小樽も観光客目当てのその時良ければ・・・というお店が増えています
食べ物も内容も接客もひどいところが結構あります
お寿司屋さんは北杜夫さんがエッセイの中で高くて内容もひどい・・・と
書かれてからは必至で名誉回復を図り改善されました
小樽も短い時間で通過する観光客がほとんどなので頑張ってはいるようです

あの少しくらいレストラン
何となく入ってみたくなりますよね
手紙を書いている姿が目に浮かびます

投稿: イッペイ | 2015/08/28 08:18

>イッペイさん
昔行った時には 全部が全部 北一硝子ではなかったように思います
今回入ったほとんどの店が北一硝子だったのには 本当に驚きました
そう 高級なものもあって 品としては大変良さそうなんですが 私は
北一硝子ではないお店の硝子の方が 好感が持てました
よかったですね ロックグラス 買えて^^
私も何度か通って吟味すれば買えるのだと思いますが もともと衝動買いができない人なので
おみやげ品も全然買う事ができないんですよ

何度か北海道に行っても 札幌は 全然観光していないんですよ
昔行った時は 時計台が工事中の時で 工事用の白い覆いのかかった様子を見て
クラーク博士に会って 大学のポプラを見て・・・・これが札幌の思い出です
1番大きな街というイメージですが でも 20年前に行った時に 人が多いと思ったのは小樽でした
今回行った夏の連休の時よりも 20年前の9月に行った時の方が ひどい有様でした
北一硝子は お中元シーズンの百貨店の地下みたいに凄い人で ぶつかるくらい人が周りにいて
店内を歩くこともままならない感じでした
早くおみやげを買って出たいって思った記憶があります
昔から小樽は観光地としてみんなが集まる場所だったんですねー

投稿: To イッペイさん by奈月 | 2015/08/30 03:36

この記事へのコメントは終了しました。

« オタルでドン | トップページ | しめは道産で »