« 公園までの道 | トップページ | 僕たちの »

2016/02/16

公園にて


お目当ての梅林公園に到着しました

どの辺りに咲いているのかなーと 歩いていくとありました^^梅の木

まだほんの入り口ですが すぐさまつっちーは撮り始めました





1imgp3430



低い場所に梅の花が咲いてます

私にはちょっと苦手な感じだなーと 背景と照らし合わせて撮り方を考えていると

ゆうちゃんはどんどん先に行ってしまってました

実はこの公園 私は行った事がないのですが ゆうちゃんは遠足で来ているんです

見てすぐに思いだしたのでしょう

子供の遊べる遊具が結構あって その時も沢山の子供たちが遊んでいました

そうだよなー(^^ゞ と思いながら 私はゆうちゃんの後を追って 遊具のある場所へ行きます





1imgp3441001



すべりだいやブランコを一通りやると シーソーを指さしました

私にも乗れというのです(^-^)

シーソーは ふたりいないとできませんからねー いつも一緒に乗ります

やはり 誰かと遊んでる感じがいいのです

あー ゆうちゃん 飛行機雲だよ!





1imgp3444



撮りつつ・・・・つっちーは 今頃梅を撮ってるんだろうなー 私なんて何しに来てるんだかー^m^

嫌というほどシーソーをやったので すぐそばにある汽車にゆうちゃんを誘いました

動いていないものは あまり興味がないと思うのですが どんな反応をするか見てみましょう^^





1imgp3454002





線路の上を歩き始めました

やはり汽車自体には興味はないようです





1imgp3454001



1imgp3449



思いっきり線路のみで遊んでいます(^^ゞ

でも 小さい子が来たので 譲ってあげるようです





1imgp3451



えらいよー ゆうちゃん(^◇^)





それにしても つっちーはどこ行ってるんだろう

まだ梅を撮ってるのかな? と思ったら なんと目の前にいました( ̄□ ̄;)!!





1imgp3455



おおおー つっちー ここにいるんじゃん!

もしかして汽車の中も もう入ったの?

どうも 今まで中を撮っていたらしいです それはずるいー





1imgp3458



奈月も入ってくればいいじゃん

と言うのですが ゆうちゃんがなー 興味なさそうだしー すでに他の所へ歩き始めてるしー(^^ゞ

しょうがない 外だけ撮ろー





1imgp3447



ゆうちゃんについて歩いていくと 芝生の広場がありまして それを囲って梅の木がぐるりと・・・・

でも すぐにゆうちゃんは 広場から出て違う方へ行ってしまいました

目の前にある木を撮るしかありません

慌てて1つの梅の花に狙いをつけて 撮りました





1imgp3465



ここへ来て 梅の写真はこれだけ(*_*)





ちょっと歩いていると 今度は蝋梅がありました

つっちーは実家のお庭にあると言っていましたが 私は蝋梅とやらを間近に見た事がありませんでした

おおー これが蝋梅なのかー と ちょっと嬉しくなって また1枚





1imgp3487



絵になる綺麗なのを選んでる余裕はありません

ゆうちゃんがすぐにどこかへ行ってしまうのです^^

いいなー つっちーは思う存分撮っている感じがします





1imgp3492



まぁよいでしょう(^-^)

1番の目的は つっちーに写真を撮ってもらう事なのですから

私は つっちーもゆうちゃんも この時間を楽しめればそれが何より楽しいことなのです(^◇^)














人気ブログランキングへ


|

« 公園までの道 | トップページ | 僕たちの »

コメント

菜月さんの思いが伝わるので
つっちーさんも順調に回復しているように
感じています。春の訪れ,退院とつながって
いくと思います。温かい作品です。

投稿: nadoyama | 2016/02/16 18:24

ゆうちゃんの笑顔は いつ見てもいいですね
蝋梅ですか
梅の中では一番好きです
でも 木に咲いてる本物は見ていません

春になるとつっちーさんも少し遠出をできるかもですね

投稿: イッペイ | 2016/02/17 09:55

シーソーに乗ったゆうちゃんの写真、いいですねー
背景もお洒落だし、少し逆光でハレ気味の光もいいし
何より心底楽しい! って顔をしているゆうちゃんの表情がいい。

飛行機雲の写真はずるいです(*^-^*) 同じところに居たのになんで気が付かないんだろうなぁ。。。

投稿: つっちー | 2016/02/17 17:04

つっちーさんの回復状況はなっちゃんのブログを見ると凄くわかります。

つっちーさんは今回の入院で何かに焦り負い目を感じている部分がつっちーさんのブログを見るとわかります。

社会人なのだからそれは当たり前でしょう。
それを無理にどうこう言うのはなんとなくナンセンスかなとも思ってしまいます。

でも社会人という一面の対極にフォトグラファーなのだなと。

それを引っ張っりだすなっちゃんも凄いなとおもいます。

251プロジェクトとはよく言ったものだなとかんじます。

私達が出会った頃の写真表現と今の写真表現はかなり違ってきました。

それはフォトグラファーとしてファインダーを覗いた景色が違ってきてるんでしょうね。

時間というものは面白いものです。

つっちーさんも今回の入院を境にどう自己の表現が変わるのか楽しみにしています。

つっちーさをは今回の事をどう自分に受け入れて自分のものにするのかとても楽しみです。

投稿: くじら | 2016/02/17 19:34

>nadoyamaさん
つっちーはすっかり回復しております^^ 本人の気力の賜物だと思います 
ですが 部屋の中に閉じこもってばかりいると 逆に病気になってしまいます
だから私は 毎日でも外に出て欲しいと思ってます
自分は病気だ 体調が悪い などと思っていると 必要以上に病気になっていくのです
病は気から とはよく言ったもので 心の持ちようが色んな事に作用します
自分が病気だと思ってる人は いつまでたっても調子はよくなりません
つっちーはそうではありませんでした だからこんなに早く元気になったのです^^

つっちーが入院する前は 私もよく 体調はどうかとか風邪引かないようにねとか言ってましたが
今は体調を尋ねることはしません 病気という観念は捨てました
nadoyamaさんも もうご心配なく! 春が来るよりも先に退院できるように思いますのでー

投稿: To nadoyamaさん by奈月 | 2016/02/18 03:14

>イッペイさん
私も日々 ゆうちゃんの笑顔には励まされます
これほんとに思いっきり笑っているんですよねー(^◇^)
こういうときは 私も大声出して笑ってしまうんです

イッペイさんは 蝋梅が好きなんですね^^
とても不思議な花ですよね あの艶やかさは他では見ることはない気がします
そちらでは 梅は咲きますよね?蝋梅はないのでしょうか

つっちーとは もう入院した時点から 快気祝いに京都へ撮りに行こう作戦を練っています^m^
この間行ったのは コートを着た冬でした おととしの12月だったと思います
春の京都はいいでしょうねー 
ずっとその撮影会を楽しみに日々を過ごしています

投稿: To イッペイさん by奈月 | 2016/02/18 10:38

>つっちー
ここでシーソーに乗りながら何枚も撮ったんですけど こんなぼやけた写真ですが
私はこのゆうちゃんがとても好きで 自分で言うのもなんですが
なんていい写真なんだろう と思いました(^^ゞ
この時のゆうちゃんの楽しい時間が この1枚に凝縮されて残せている気がします
目の前に私がいる事も 容易に想像できて 大人になってからこの写真を見たら
嬉しいだろうなーって思いました

あれー?飛行機雲 ずるかったですか?^m^
つっちーはこの時 汽車の中にいたのではないでしょうか^^

投稿: To つっちー by奈月 | 2016/02/18 10:47

>くじらさん
つっちーのことでは 色々と心配をかけてしまって すみませんでした
でもつっちーは くじらさんが気にかけてくれていることを とても喜んでいましたよ
この長い入院期間に 沢山のことを 彼は考えてきたと思います
それがどんなことなのか つっちーの口から聞いた訳ではありませんが
それは今まで考えてきたものとは 少し違った考えになっているのではないかと思います

でも つっちーの思いに関しては 他人の私が公の場で話す というような事はしたくありません
想像でものを言うのもいやです
1月の終わりくらいから ほぼ毎日会っていましたが つっちーがどんな事を考えているのかとか
この先どうしていくのかとか そういう事はあまり聞いたことがありません
でも真剣であればある程 言葉にして表わす事はないのだと思うので 本当につっちーが大切に思っている事は
こちらから聞く事はしないようにしています
言葉がなくても つっちーを見てると 色んな事が伝わってくるような気もするので 思いに対しては思いで応えるしかないですね^^
私がここで書く事が出来るのは 本当にあった他愛もない日常の様子 だけです(^^ゞ

しかし・・・・私は何も凄くないのですよ
写真の事を忘れかけていた私に また撮る楽しみを持たせてくれたのはつっちーです^^

 


投稿: To くじらさん by奈月 | 2016/02/22 00:45

この記事へのコメントは終了しました。

« 公園までの道 | トップページ | 僕たちの »