« 続・線路沿いの町 | トップページ | hometown downtown »

2016/03/27

夕暮れモクレン


その木蓮は うちのすぐ近くにあります

白2本 ピンク1本が並んでいて みんなほぼ同時期に満開になります

今年は その木蓮が咲き始める頃から 私はその前を毎日のように通っていました

いつもなら通らない道なのですが この1年通った職場からの帰り道がここなので

今年は 木蓮の撮り時を逃さずに済んだのです^^





先週の土曜日の夕方 

土曜日と言えば1週間のうちでつっちーに会える唯一の日なのですが

この日は会う事ができず 満たされないまま1日が終わろうとしていました

しかし天気もよく もう陽も長くなってきているので 夕飯の買い物から帰るや否や

私はそのままゆうちゃんを連れて 歩いて木蓮を撮りに行きました

うちから近所のその木蓮のそばは 車が止められないのです

もう夕方なので 陽が出ていると言っても 木蓮が日陰に入ってしまう可能性があり

早足でその場所に向かいました





1imgp3783






先日雨も降ったし 最近は風が凄く強く この時もかなりの風が吹いていて 花は沢山散っていました

蕾の木蓮が好きなのですが 開ききっているものも多く・・・





11imgp3788



ピンクの方が 少し遅いようでした





そこへ つっちーからメールが来ました

木蓮を撮りに出る事は知らせてありました

ひとりで撮りに行ってごめんなさい(ゆうちゃんとですが) って思いでいっぱいだったのですが

つっちーが今からここへ来ると言います

日が暮れる前に 早くおいでー! 私は内心ワクワクしていました





11imgp3780



少しして つっちーが到着しました(^◇^)

木蓮の場所に案内し 一緒に撮ります





1imgp3808



一緒にと言いますか まぁ 同じ場にいるだけで 実はほとんど会話もなかったし

お互いに好き勝手に撮ってるだけでした^m^

でもいいのです ひとりで撮っているのはつまらないのです





1imgp3827



つっちーも困っていましたが 本当に風が強くて つっちーは自分で枝を持ちながら撮っていました

私は髪が夜叉のように舞い上がっていたので 片手は髪を抑えながらー なのです

でないとレンズの向こう側を髪が覆ってしまって 撮れなくなってしまうのです

つまり 木蓮を抑える手はなくて ぶんぶん動く木蓮を撮っていました

マニュアルのGIレンズですから ぶれてもボケても気にしないー(^-^)事にしているのです

しかし 止まってくれてるゆうちゃんにもピントがなかなか合わないのはー(^^ゞ





1imgp3791



写真は明るくしてありますが もうここ 私の目にはかなり暗いのです

ピント合わせは勘ですv( ̄ー ̄)v





1imgp3813



もうずいぶん暗くなってきていますが つっちーは依然として撮っているので

暗くなってることにも気付かず撮っているのかなー?という気もしました^^





1imgp3831



ほらもう 陽が落ちてますからねー





1imgp3833



時間も6時を過ぎているじゃないですかー

もうそろそろ帰りますよ

でもつっちー わざわざ出てきてくれてありがとう

一緒に撮れて 私は満たされました





1imgp3822001














人気ブログランキングへ

|

« 続・線路沿いの町 | トップページ | hometown downtown »

コメント

おはようございます。
二人での撮影が三人での撮影になって
よかったですね。木蓮の花は、沖縄で
あまり見られないものなので、私には
見分けることができません。一緒に
撮ってくれる人がいること幸せの形
だと思います。

投稿: nadoyama | 2016/03/27 09:00

白いモクレンの花が印象的です
最後の一枚も いい感じですね

我が家の少し赤みがかった色 やはり白がいいですね
この花 咲いてしまうと風情がありませんね 少しだらしなくて
でも 少しの間の楽しみがいいのかも
でも 落ちた花弁の始末が結構大変なのです

投稿: イッペイ | 2016/03/27 09:42

>nadoyamaさん
沖縄にはあまりないのですかー
日本は小さい国ですが 沖縄とか北海道とか 気候が全然違うので
育つ植物も違ってきますよね ですから私にとっても沖縄の植物というのは
大変珍しいものになるわけで そちらに行かないと見られないものもあるわけで
そういったものをテレビや写真で知ると 世界が広がります

今は 写真を撮る機会がとんと減りました
カメラを持ち歩くことも減ってきています 持っていても使わないことがほとんどです
撮るときに 気持ちと言うのはとても大事なもので ひとりでいると撮りたいと言う気持ちが薄れているんですよね
つっちーと一緒にいると さー撮るぞーとまでは思いませんが 自然とカメラを鞄から出す自分がいます
同じように撮っていると 背中を向けていても 同じ思いで繋がっているような気になります
その時間が何とも心地よいのです

投稿: To nadoyamaさん by奈月 | 2016/03/29 15:58

>イッペイさん
蕾の時が やけに凛とした形なので 開ききった時には少しだらしなく感じるのかもしれませんね
花弁もまるで葉っぱのように大きいから 落ちた時にはお掃除も大変でしょう^^
今ふと 昔アニメでやっていた「ベルサイユのばら」のオープニング曲を思い出しました
さびのところが 「バラはバラは気高く咲いて バラはバラは美しく散る」 なんです
美しく散るか・・・・そうだよなー もともとの形状とか散り方とか 花によって違うのだなーなんて思いました
だけど やっぱり私は木蓮が好きです そう少しの間の楽しみでもいいですよね^^
人間だって 最初から最後までパーフェクトの人はいないし 誰にも迷惑かけずに生きてる人もいない


投稿: To イッペイさん by奈月 | 2016/04/01 00:06

この記事へのコメントは終了しました。

« 続・線路沿いの町 | トップページ | hometown downtown »