« 線路沿いの町 | トップページ | 夕暮れモクレン »

2016/03/24

続・線路沿いの町


ゆうちゃんと行った不思議な町を目指して歩いていたら また線路にぶつかった





1imgp3726



これは先に通ってきた鉄道とは別の JRだ

JRは うちの最寄りの駅の辺りからもずっと高架になっていて

この線の踏切を渡る ということは ない

私達がくぐって通るのだ

しかし・・・この高架は かなり低い^m^ 1.5mってことなら私は頭をかすることになる

下に入り込んでみよう^^





1imgp3727



2つある線路の真下は低く かがみながら通るのだけど その合間は全然高かった(^◇^)





1imgp3731



なーんだ 全然大丈夫じゃないかー

こないだ ゆうちゃんとくぐった高架は ここではなく さらに低いもので1mくらいだったろうか?

常にかがんでいなければ通過できず なのに自転車で通る人が次々猛スピードでやってきて

線路手前で急ブレーキをかけ ハラリと降りて 自転車と同じ高さくらいにかがみながら

自転車を押してくぐりぬけて行くのを見て 唖然とした

あれブレーキ壊れていたら 自殺行為だと思うんだけどー と 怖くなった そんな光景だった





ここでつっちーは電車が通るのを待っていたが なかなか来ないので また歩き始める

そばにある川辺まで行き ちょっと撮ってー





1imgp3734



うちの近所の川にはカワセミが来るほど綺麗だけど ここはー 澄んでない・・・

そして 不思議な町方向に また足を向ける

何が不思議なのか説明できないけど なんか 違う空気を感じる場所なのだ





1imgp3737



誰かの家の玄関の真横に 石がごろごろ並べられていた

どんな人が住んでるんだろう

辺りには全く人気もなく いろんな事を想像してしまう





あ! ここだよ みかんの家

とつっちーに知らせた 前に来た時に携帯で写真を撮ってつっちーに見せたのだ

つっちーは いいねーみかんの写真^^ と言ってくれた





1imgp3742



みかん っていうか なんだろうか?柑橘類であることしか私にはわからない

この大きな柑橘の木の向こうに 庭があり その向こうは線路で 電車が停められている





1imgp3743001



私は ここの庭が好きだ





1imgp3745



なんとも不思議な感じがするのだ





1imgp3746



1imgp3747_2



一体どんな人の庭なんだろう って ^^





私はここで撮る事を終わりにしたが つっちーはこの後もずっといろんなものを

撮り続けていた

途中でフィルムもなくなってしまったみたい^m^





また来ればいい  つっちーはまたそう言った^^





1imgp3749





この日のつっちーの写真はこちら

http://tutty-251project.cocolog-nifty.com/blog/2016/03/post-2.html














人気ブログランキングへ

|

« 線路沿いの町 | トップページ | 夕暮れモクレン »

コメント

僕は生まれてからずっとこの土地に住んでいるのですけど、そういえば昔はこの路線も普通に地面を走っていたなあと
懐かしく思い出していました。駅周辺には二つの大きな陸橋があり、僕たちはそれを超えて駅の向こうまでいったものでした。
高架の鉄とコンクリートの感じがよく出ているね。シンメトリの構図もおもしろいです。

川のそばまで行っていたのはみていたけれど、これを撮っていたのかーとちょっと意外でした。
澄んではいないけど、確かにあの時の光景です。

みかんの庭も不思議な空間でしたね。やっぱり同じものを撮っても同じ写真にはなりませんね
光と影の捉え方がさすがだと思います。
多分物干し竿の台座の跡なんだろうけど、壊れてしまってもなお、存在感がある

投稿: つっちー | 2016/03/24 23:14

>つっちー
そうらしいですね 以前近所の人に聞いた事があります
駅の向こうに行くには橋を越えていったと・・え?知らないの?って
一体いつの話なのか見当もつきませんが その橋の想像が私にはできません
だって大きな駅の向こうに行くって・・・踏切じゃないんだーってね

そういえばつっちーはあの時 川のそばには来ませんでしたね
斜になった草はらのあたりにいましたね
ゆうちゃんと来た時には 川の中に入っている人がいたんです
対岸の木を切り倒していてね その木が川の中に倒してあったので
この冷たい水の中なのに 人が中に入っていたんです
それもまた普段は見ない光景でした
ゆうちゃんがいたので 水のそばには行きませんでした
だからこのときはちょっと気になって 水をのぞきこみに行ったんです
うちの近所もそうですが 工場が多いですよね
川があるから工場があるのでしょうか
近所は木材か製紙工場が多いのですが この川の近くの工場は違う種類の工場なのかなと
思わせる水の濁り具合でした

おー いいですね それ みかんの庭
みかんの家ではなくて みかんの庭
ぴったりな言い回しです^^
ここ とても穏やかな感じでした 電車もずっと止まったままだし
動いているのは 少しずつ変わる光の傾きだけなのじゃないかという気がしました
さすがなんかじゃありませんが つっちーにさすがと言われると 嬉しいです(^◇^)
それと 物干し台って 言われて気がつきました
向こう側にもあったんですね 同じだったはずのものがー
手前のしか気付いてなかったんで なんじゃこれ?と思っていたんですよ^m^

投稿: To つっちー by奈月 | 2016/03/28 15:41

この記事へのコメントは終了しました。

« 線路沿いの町 | トップページ | 夕暮れモクレン »