« スプリング | トップページ | 倉庫 »

2017/05/24

明治村



ゴールデンウィークは 家族で明治村に行った

写真を撮ろうとカメラを持ち出すのは 一体どれくらい振りだろう




1fullsizerjpg35_2


1fullsizerjpg34



いつもは入ってすぐの帝国ホテルの中を撮るのだが

つっちーと訪れる時とは 勝手が違い 家族に合わせて歩いていると

いつもなら撮影ポイントとなって長時間足を止める場所にも 近寄る事さえできなかった

この帝国ホテルは 帰りの1番最後に 立ち寄る事ができた

明治村に着いたのがちょうど昼時だったため 最初に入ったのは 明治の洋食屋「浪漫亭」だ

つっちーといつも食べに行く所




1imgp4968



1imgp4972



この日は ゴールデンウィークの途中から帰省していたりょうちゃんも一緒だった




浪漫亭を出てからも いつもとは違う道で進んでいた

同じ道をたどる必要はないけど 私が指し示す建物は ことごとくスルーされた

祭壇の近くまで行って かなり時間をかけて撮る 聖ザビエル天主堂も

入ってすぐ踵を返すように 家族は外へ出て行った

あまり興味はないようだった




1fullsizerjpg33



じゃあ どこでゆっくり見て回れたのか・・・・

どこもゆっくり見れていない 

ゆうちゃんには 面白い場所ではないのだから仕方ない

歩いたり 階段を上ったりしていれば楽しいので それはそれで良しとしよう




1imgp4995




ここ 絶対に霊がいると思うんだよね 

と言って連れて行ったのは 名古屋衛戍病院

レントゲンの機械がいっぱい置かれている




1imgp4996



説明がないとなんだかわからないような細部を撮っている事が 私には楽しい

が こういうものを撮っていると 必ずみんなにおいてきぼりを食ってしまう




1imgp4998



だけど いつもと違う道を歩いて いつもは入らない建物に入ったことで

これまでずっと行きたいと思っていた 「第四高等学校物理科学教室」 をようやく発見した

つっちーと いつも前を通っている建物だった だけど何故かスルーしていた

もうずいぶん昔 カメラ友のGIさんと初めて会った時 この明治村に招待したのだが

その時に一緒に入った場所で ある写真がいつも私の記憶に残っていた

同じ場所をもう1度撮りたいと ずっと思っていて この度それが叶った




1imgp5002



理科室の ただの水道である

これをGIさんが貸してくれた24mmくらいの単焦点レンズで撮って

普段35mm単焦点ばかりを使っている私は 思っているのと微妙に違う写真になってしまうことに

胸がざわざわしてしまったのだった




1imgp5003001



こういうのが好きだ

こまかい部品




1imgp5005



三重県庁の広い一室で 沢山の時計の展示がされていた

振り子時計とか アナログの時計

これを撮っていたら やっぱり 家族とはぐれていた

三重県庁は かなり部屋数の多い大きな建物なのだ

電話で連絡を撮って合流した

そろそろ帰る時間

ゆうちゃんには 吾輩は猫である の夏目漱石の家を見せてあげたかったが

帰り路とは方向が逆だったので 断念して 出口に向かう

それでも かなり遠回りをして向かっているようだった

ゆうちゃんに 分かれ道で道を選ばせると そっちなのかー・・・と思う方の道を選ぶ事は多々ある

しかしそのお陰で 明治村の外れの方に位置する品川燈台に行きついたのだ




1imgp5007



つっちーとの思い出の燈台である

今度行く時は つっちーと撮影に徹して回りたい   と思った




1imgp5010001








|

« スプリング | トップページ | 倉庫 »